映画って人生!

宮﨑あおいさんを応援します

「彼らが本気で編むとき、」(2017)

イメージ 1
本作、荻上直子監督作品ということで選びました。テーマはトランスジェンダーの家族の在り方を問うもので、社会性の強い大きなテーマへの挑戦ですが、これまでのようにふんわりとした癒される作風で、この難しいテーマをわかりやすく特に血縁に重きを置かない家族関係を描くことで、違和感なくマイノリテイの気持ちを理解することが出来、小さな作品のようで大きな作品だと思います。リンコの母親フミコは監督なのではと思え、そんな感じ、とても強い人ですね!!

物語は、11歳の女の子トモ(柿原りんちゃん)は、母親のヒロミ(ミムラさん)と2人暮らし。ところがある日、ヒロミが育児放棄して家を出てしまう。ひとりぼっちになったトモが叔父マキオ(桐谷健太さん)の家を訪ねると、マキオは美しい恋人リンコ(生田斗真さん)と暮らしていた。元男性であるリンコは、老人ホームで介護士として働いている。母親よりも自分に愛情を注いでくれるリンコに戸惑いを隠しきれないトモのもとに、母親ヒロミが戻ってきて・・という展開。

トランスジェンダーへの偏見や悩みを描くなかで、母と娘・母と息子の関係から家族とはなにかを問い、「カタチなんて、あとから合わせればよい」というキャチコピーにあるように、血縁に重きを置かない疑似家族を提示し、この家族をどう思いますかと問いかけています。

リンコのトランスジェンダーとしての強さ・家族をもつことの悩み、これを受け入れるマキオの心の広さが、いろいろな親子関係を描くこと、気の利いたセリフ、ユーモアで、わかりやすく楽しく伝わってきます。

この作品でもっとも大切なことは、トランスジェンダーへの偏見を無くするということで、演じる生田斗真さんが女性に見えるか(外見だけでない)にかかっていると言えます。見事です、当初、大きい、男?(トモも最初こう感じます)と思っていても、物語が進むにともない全く違和感なく女性だと思え、すばらしい演技です。
イメージ 2
なにかの映画賞で女優賞を受賞してもおかしくない、これこそがトランスジェンダーへの偏見を無くすることのように思われます。(#^.^#)

トモを演じる柿原りんちゃん。
イメージ 12
10年後に宮崎あおいさんみたいな子ということで「ユリイカ」(2001)のあおいちゃんでオファーしオーデイションで選ばれたそうですが、まさにユリイカのあおいちゃんを彷彿させる芯が強くてまっすぐな子、この歳で親の悩みを理解し物語の終末へ誘いでくれる演技がすばらしいです。
****
物語は、
沢山の女物の洗濯物が干され、それを取り込みコンビニおにぎりとカップ麺を食べてる女の子(トモ)。台所は散らかり放題、夜になって母親(ヒロミ)が帰るがそのまま寝てしまう。
朝、ヒロミは起きるが食事はつくらない。会話もなく、トモは学校に。学校では「こいつ母子家庭で貧乏だ」「カイ(込江海翔ちゃん)とどこでデートしているの」と揶揄されるが無視する強い子。家に帰るとヒロミが1万円札と置手紙を残して姿を消す、母親の育児放棄、度々繰り返されているようです。

〇私は産まれたときは男。体の工事は終わったが戸籍はまだ昔のまま。
トモは、書店で働く叔父マキオを尋ねる。マキオは「いまはある人:リンコと暮らしている」と川の流れる古い団地のアパートに連れて帰る。
イメージ 3
きれいな、大きな男のような?女性が待っていて「お帰り、いらっしゃいトモちゃん。リンコです」と挨拶される。トモは早速TVゲームを始める。リンコは料理が上手で沢山の料理をつくり、とても美味しい。リンコの箸の使い方が女性っぽい。所作が見事で、これで女性に見えます。

トモがリンコの胸を気にするので、リンコは「私は産まれたときは男。体の工事は終わったが戸籍はまだ昔のまま(変換手術を終えている)」と明け透けに話します。リンコは老人ホームで働いていて、マキオの母サユリ(リリイさん)を世話していて、この縁でふたりは一緒に暮らしています。

次の日トモは学校を休み、リンコが作ってくれた見事な弁当を近所の公園で食べようとしますが、もったいなくて食べずに持ち帰り腐った状態で食べて下痢する。このトモコにリンコは「トモのことが可愛くて、可愛くて、どうしようもない」と言い抱きつくがトモが嫌がります。
トモにはカイ君という友がいて、彼は上級性の大野君が好きなようでトモにそのことを打ち明けますが、トモは「キモイ」とこれに嫌悪しますがリンコとの生活で次第に彼を理解するようになっていきます。

〇リンコを傷つけたら子供でも許さない。
トモが学校を休んで部屋で寝ているところに、リンコの母親フミコと夫のヨシオ(柏原収史さん)がやって来てファミリーレストランで食事をします。ここでフミコがリンコの育て方を語ります。
「リンコのおっぱいはわたしが作った。苦悶する娘を見るときの切なさ」「リンコを傷つけたら子供でも許さない」と強くトモに釘をさす。

リンコは柔道の授業で胸を触られるのが嫌で学校に行きたがらなくなり、母親が注意を受ける。
リンコ本人からおっぱいが欲しいと打ち明けられ「そうだよね。女なんだもの。何も悪くない」と毛糸で編んだおっぱい(ニセ乳)とブラを与える。
イメージ 4
そして料理と編み物を教え女の子として(認めて)育てた。この母親の子供の愛し方は自分を押しつける日本の母親とは違っている。子供の人格は自分とは違うものと認め、人対人の関係で付き合うというもの。
リンコが何故強い子なのかがわかり、このことでトタンスジェンダーへの偏見がなくなるというすばらしい描き方だと思います。こんなフミコに育てられたリンコだから人にとてもやさしく、傷ついたトモを癒すことが出来るのです。

〇リンコさんにひと目惚れ、どうでもいいんだ男とか女だとか。
マキオがトモを連れてリンコが働いてる老人ホームに出向き母サユリに会せる。サユリは「ヒロコの子ならしっかりしなさい」と注意をする。「ヒロミではない」と怒るマキオ。
イメージ 5
トモが「お婆ちゃんはママのことがきらいなの?」と聞くとマキオは「お婆ちゃんはむかしから姉さんに厳しかった。親子でも人と人。どうしても気が合わない関係もあるんだ。でも嫌いという言葉とは違う。愛してやまないから裏目にでるのかもしれない」と説明します。

そして、トモの「お婆ちゃんは捨てられたと言っている!」に「そうかも知れん。僕は母さんがここに来てほっとしている。姉が出て、弁当作ってくれる母は重荷で離れることばかり考えていた」と。

トモが「ママは私を捨てたのかな?」と問うと「トモのママは自分の優先順位を考えられない人、そういう人がいるんだ。おじさんの優先順位はリンコさんだよ。丁寧に、丁寧に母を拭くリンコさんにひと目惚れ。男であったことにびっくりしたが好きになったら後はどうでもいいんだ、男とか女だとか」と答えます。
マキオは(血のつながりを優先順位としない)人と人のつながりを大切にする人、だからリンコを愛することができるのです。
そこに、リンコがおにぎりを買ってくる。トモは口に入れ吐きだす。コンビニおにぎりが嫌いなのです(いつもお母さんにむりやり食べさせられてる。ヒロミはしなかったが、リンコが大丈夫と励まします。

夜、トモはリンコのおっぱいに触りたいと言い出し触ります(ちょっと硬いかな)。
三人で、自転車で川辺に出かけ、満開の桜のなかで弁当を食べ、トモはリンコに髪を結ってもらいます。こうしてトモは母よりも自分に愛情を注いでくれるリンコが好きになっていきます。
イメージ 6
〇トモを養子にしたい、アキオと結婚したい。
トモがスーパーでカイの母ナオミ(小池栄子さん)に会うと「あんた大丈夫、あんな変わった人と一緒にいるのはよくない」と言われて腹が立ち、商品棚にある洗剤をナオミにぶっかけたことで警察沙汰となる。

リンコが警察署に引き取りにやってきて謝り、ふたりで手を組んで帰宅。トモが「ごめんなさい」と謝るとリンコが「わたしのことで怒ったの?それはよくない。
何があっても飲み込んで怒りが通り超すのを待つ。通り過ぎないときは編み物をする。これでくやしいこと、悲しいことをチャラにする。編むと心がすーっと平らになる」と嫌なことに耐えるコツを教えます。この言葉がふたりの心を繋ぎます。
イメージ 7
トモは「ママは毛糸を買ってくれない」と言い「いま編んでいる指のない手袋のようなものは何か」と問うと「これは私の煩悩、下の手術をしたときに痛くて痒くて困った。これは私の男根への供養(編チン)。108個作ったら燃やす。供養が終わったら戸籍を女性にすると答える。()
トモは「私もつくってみたい」。大笑いです。そしてふたりで編チンを始めます。これがまたふたりの心を繋ぎます。そう、糸が心を繋ぐ物語になっているんです。
その夜、リンコはアキオに「トモが可愛くってしょうがない。トモのママが戻らないなら養子にしたい。アキオと結婚したい」と話す。アキオはこれを全部受け入れます。

〇名前も身体も治したが私の大きな手は治せない、マキオの子供が産めない。
トモが学校帰りにヒロミを見つけます。自宅に帰って探すがヒロミはいない。タンスからヒロミの衣類を取り出し匂いを嗅ぎます。そしてリンコのアパートに行く。
夜、リンコがトモの部屋に入っても話もしない。注意すると「ママでもないくせに!」と押入れの中に入ってしまう。このことにリンコは「母になれるか?」と悩みます。

リンコが老人ホームに出勤し編み物をしているとサユリが「夫が長く浮気しているとき何かしないと一杯編んだ。なぜかヒロミは来てくれなかった。あの子は気付いていたかも。大事に育てても子供は何処かへ行ってしまう。ダンボール3箱分溜って、夫が死んで帰ってきたときに全部棺に入れてやった。私の怨念に囲まれていたのあの人、秘密よ!」と話し掛ける。
 
リンコは帰宅しビールを飲んで押入れのトモに水を差しいれ「トモ、内緒ばなしをしよう」と糸電話で話し出します。
イメージ 8
「名前も身体も治したが私の大きな手は治せない。どう頑張っても自分の力ではどうにもならない。マキオの子供が産めない。どうなるんだろう?」。これにトモが「きょう、ママを見かけた」と答える。リンコは「毛糸を買ってくる」と言って出かけます。

リンコは頭を怪我して入院、男性との相部屋です。看護師は男性ですからと女性の相部屋に入れない。そこにやってきたトモ、リンコを見て涙を出し編み物を始めます。リンコは「よくがまん我慢したね」と褒めます。トモはリンコの悲しみを理解できる子に成長しています。
 
リンコとマキオ、トモはリンコの友人の結婚式に参加して、そのあと土手で編み物をします。
イメージ 9
マキオがトモから編み物を教わります。こうして三人の絆は深まっていくのでした。リンコは「さっさと終えて女になる」と宣言します。

トモの友達カイは好きな大野君に書いたラブレターを母に見られ、薬を飲んで自殺を図りますが、母にみつかり入院。見舞いに訪れたトモはカイの「ママは僕が罪深いと言う」に「あんたのママは間違っている」と言って励ますのでした。カイとナオミは血の繋がる親子だが、心は繋がらない。ナオミは自分を押し付ける。
 
三人はバスのなかで編み物をしながらで海辺にやってきて、サングラスをつけて編チンしていて、ついにトモが「切ったチンコてどうなの」とリンコに聞きます。
イメージ 10
「完全に切り取るだけでなくリサイクルするの。チンコの皮をひっくり返して中へ押し込んでアナを作るの」と生々しいリンコの返事。(笑)トモは「すげえ~すげえ~」と感嘆の声を上げます。大笑いです。夜になり出来上がり、編チンを燃やします。

〇“ニセ乳”を持たせて送り出す。
「ひさしぶり元気」とヒロミがトモを迎えにアパートにやってきます。マキオが「トモを引き取りたい。リンコはトモが好きだ、大切にしている」と申し出ると「冗談でしょう。そんなの無理だ。あんたの性的嗜好については何も言わない」と断られる。
リンコは「お願いします。トモのこと、大切にします」と願い出ます。「わたしは女なの、ひとりで育てて、そんなの許せない」と言うヒロミに「女として守らなければ許せない」とリンコ。
これに切れたヒロミは「母でも女でもないのに」と叫ぶと「リンコは母だ」とマキオがやり返す。「生理のときどうするの、ブラのサイズわからない、母となれない」とヒロミ。
成り行きを見ていたトモがヒロミに駆け寄り胸を叩き「リンコはいろいろ教えてくれた。ママはどうして何もしてくれないの。どうして早く帰ってくれないの」と訴えます。「そんなのわからない。どうしようもなくなって」と言いながらヒロミが出て行こうとすると、トモがヒロミを抱き止めます。
イメージ 11
トモにとっては厳しい選択でした。ここはワンカットシーンで撮っていて迫力があります。

トモはヒロミに「今日は一人で帰って」と言い、夜をリンコに抱かれて寝ます。眠れぬ夜を過ごしたリンコは“ニセ乳”を持たせて送り出します。
リンコとトモはこれからどうなるのでしょうか。ふたりの間にはよい関係が築かれていますから、母親ふたりということも考えられます。「彼らが本気で編むとき、絆は結ばれる」、すばらしい作品でした!!
                              ******