映画って人生!

宮﨑あおいさんを応援します

第23回「盗賊は二度仏を盗む」

題名から、「郵便配達員は二度ベルを鳴らす」を連想し、粋なことをなさると思っていましたが、ミステリー要素はほとんどなく題名どおりでした。題名がでか過ぎる。映画でこれやったら・・()
目付けの近藤が、「菩提寺の本尊が盗まれた」と難癖をつけ井伊が龍雲丸らを囲っていることを暴こうとすることに、井伊がどう対応するかというお話しでした。
政次の機転、南渓と龍雲丸の連携で、近藤の嘘につけ込みこの件は落着となりました。直虎は周りの人にしっかり守られており、これも人徳です。柴咲こうさんの目力がしっかりしていていいですね!
政次の意見は優先して聞くという労わりに直虎の暖かい変化を見ます。
政次の献身的な直虎への配慮に、なつが心配するのも納得です。咳が心配です。この状態では政次亡きあとが心配!

直虎を浮き浮きさせるほどの魅力があり龍雲丸に家来になるよう勧めましたが、彼は武士で生きることの息苦しさで断わりました。しかし、すぐれた智恵・泥棒術?・統率力をもつ龍雲丸はこれからの物語を面白くするでしょう。物語りをさきに進めてもらいたい!
***
直虎が龍雲丸達と宴をもったその夜、小野の屋敷に目付役の近藤が「菩提寺の本尊が盗まれた」とやって来る。
近藤は「仏像を探していて、わが領内より木を盗んだ盗賊を罰するどことか囲っているという噂を聞きつけてきた」と言う。政次に「あれは例の賊でしたか。確かなことでしょうか」と問うと「密かに人を遣わして調べたところ間違いない」という。政次は、「調べて、すぐに盗賊を引き渡すよう手配する」と約束します。

○龍雲丸を追う目付けの近藤イメージ 2
井伊家。六左衛門が「龍雲丸を家来にするように宴の席で話していましたがどうなされますか」と直虎に訪ねる。昨晩ひどく酔っぱらっていた直虎は「言った記憶がない」と。そこに、政次と近藤がやってきて、近藤が「菩提寺の本尊が盗まれた。ここで山仕事をしているものたちをあらためたい」と言う。
直虎が「もうあの者たちは“以前のような盗み”はせぬ」と答えます。これを聞いてみながびっくり。近藤は「やはり囲うておられたか」と追及してくるこれに、六左衛門が「人手がいなかったのでわたしが手配、殿に了承してもらった」と助太刀をしますが、それでも近藤は引き下がらない。
近藤が「自分たちを無碍にするのであれば、考えがある」と言ので、政次が「近藤殿の訴えが理に通っている」と盗賊を近藤に引き渡そうとする。
直虎は、仕方なく引き渡すことを約束します。そうして、近藤と政次は一緒に龍雲丸のところに向かう。直虎は、直之に「あのもの達よりも先にその場に行って逃がせ」と命じます。

直之よりも先に、政次と近藤が龍雲丸たちの木材伐採場所に到着したが、盗賊たちはすでにそこにいない。「近くにいる?」と政次。近藤は、家臣総出で盗賊たちを探し始めます。一足遅く到着した直之は、井伊に戻りこの状況を直虎に報告。直虎は安堵してその場に座りこんでしまう。
何か龍雲丸らの姿はない。直虎は盗賊らの居場所が気になって仕方がない。そこに、南渓がやってきてご本尊を菩提寺に寄進することを勧めます。南渓が急に年取ったように見えます。

○盗賊は二度仏を盗む
南渓は「近藤側の咎人を断りもせず勝手に使っていたことは事実だし、このあたりで手打ちするのも当主としての役目だ」と直虎を説くのでした。南渓と一緒に直虎はしぶしぶ近藤がいる菩提寺に出向きます。

「ご本尊が寄進もので務まるなどと思うてくれるな!」という近藤の言葉に直虎は不愉快感を募らせますが、年の功で南渓が低姿勢で対応をします。近藤は、「賊をきちんと処罰しておけばこのような問題にはならなかった」と嫌味を言う。南渓にこれ以上近藤に頭を下げるのも気の毒で、直虎自ら「まことにすまなかった」と頭を下げ謝ります。
イメージ 1南渓が「新しい本尊をまつるために、本尊が祭られていたところを拝見したい」と本堂の厨子に案内してもらうと、そこに仏像がある!「本尊がおらぬようになったのでは」と突っ込むと近藤はしどろもどろに。
南渓は、「ご本尊さまが自分で戻ってこられたのでありますな!康久仏師の銘が」と笑い「もうこのあたりで収めよと本尊さまが言ってるのではないか。すべてお見通しだぞ」と近藤に突きつけ騒動をみごとに治めるのでした。

帰り道で、南渓が「今回の策をたてたのは龍雲丸だ」と明かします。寺の天井裏に忍んでいた龍雲丸が「わしらは盗んでいない、後藤が嘘をついている。そこでひとつ策がある」といい「和尚が菩提寺を訪ねれば必ずご本尊を隠す。そのご本像を和尚が近藤と話をつけている間に見つけ出し、こっそり厨子に戻しておく」というもの。
直虎が「龍雲丸たちはもう井伊には戻ってこないだろう」と話していると、うしろあに盗賊たちが現れたので直虎は涙を見せて喜びます。その後、彼らは再び材木を斬る仕事につきます。

○龍雲丸に、家来を打診イメージ 3
直之は今後の彼らの処遇について「腕がたつし頭も切れるので井伊の家臣に加えてはどうか」というと、方久もそのことに賛成する。あとは政次の考え方次第。
六左衛門は「近藤が木材を切るところに行ったときに、先に龍雲丸たちが逃げれたのは、なつが知らせたからだ。なつが政次を話しに聞き耳して自分で動いたのだろう」と言う。直虎は小野家に向かい「龍雲丸たちを家来に加えてもよいか。政次の意見に従う」と政次の気持ちを大切にします。直虎も成長していますね!
政次は、「あの者たちを井伊のために使うのはいいが使われないように」と釘を差し「お好きなようになさればよい」と。ただただ、政次の直虎への献身的な配慮には、彼のこれからの運命を思うと、涙がでます。

翌日、直虎は山にある木材置き場に龍雲丸を訪ねます。龍雲丸は、「改まってなんの話ですか」と聴きます。すると、直虎が「これが終わったら井伊家の家臣にならないか。返事は銭を渡すときでよい」と持ち掛けます。

○龍雲丸の答えは・・、
龍雲丸の反応は薄い。井伊に戻る途中六左衛門に「あれは家臣にならぬな」と漏らします。竜王丸は直虎が戻っていった後死屍累々の城の中で立ち尽くしていた幼いころの自分を思い出し悩みます。モグラが「いい話ではないですか」というが、龍雲丸はどこか引っかかっている様子です。モグラは、「直虎が一味違う人物であることはみんながうすうす気づいている」というのです。その話を聞いた龍雲丸はみんなに「井伊の家臣にならないかと持ち掛けられた」と話します。すると、一様に侍になることを喜び「頭についていくだけだ」というのでした。
この話を聞いて誰よりも直虎は喜び、龍王丸たちを受け入れる準備に忙しく動きまわり、その様子に高瀬と祐椿尼は「まるで乙女になったよう!」と冷やかすのでした。

龍王丸を井伊に迎える席のための裃を準備していて、なつがほころびを見つけて繕おうとすると、笑みで任せる政次。咳がでるようになり気弱くなったのかな、心配です。
イメージ 4
いよいよ銭の受け渡し日がやってきて良い返事が聞けると思っているところに「三ヶ月お世話になりました。侍は断る」。理由は「そりゃ、空に雲があったからでさ、雲のように自由でいたい、柄じゃねえ」と去っていく。力也やカジ、モグラ等も龍雲丸を追いかける。井伊のみなはぽかんと口を開けているが、政次だけが小さく噴き出す。直虎は、その姿をただ呆然と見送るしかなかった。
            ***つづく***
記事 20170612
おんな城主 直虎:第23回視聴率は12.3% 「盗賊は二度仏を盗む」