映画って人生!

宮﨑あおいさんを応援します

「アリスのままで」(2014)

イメージ 1
ジュリアン・ムーアが、若年性アルツハイマーを発症した大学教授役を演じ、アカデミー主演女優賞をはじめ数々の賞に輝いた感動のヒューマン・ドラマ。BSプレミアムで観賞。キャッチコピーがとても良い!
 
原作はリサ・ジェノヴァの同名ベストセラー。監督は「ハードコア・デイズ」のリチャード・グラツァー&ワッシュ・ウェストモアランド。共演はアレック・ボールドウィンクリステン・スチュワートらです。
あらすじ:
夫にも3人の子どもたちにも恵まれ、充実した日々を送る50歳の大学教授・アリス(。ところがある日、講演中に普通の単語が出てこなくなったり、ジョギング中に道に迷ってしまったりといった物忘れが頻繁に起こるようになる。やがて診断の結果、若年性アルツハイマー病と宣告されてしまう。しかも遺伝性で、子どもたちにも発症のリスクがあると分かる。子どもたちにも動揺が広がる中、病気は徐々に進行し、ついには大学も辞めざるを得なくなるアリスだったが
感想:
ジュリアン・ムーアが、病で衰えていくプロセスが圧巻でした。特にラストシーンで見せる恍惚の表情!
イメージ 2
まともに話せるのはこれがぎりぎりという医師の判断で行われた記念公演。彼女の記憶を失うことへの、言語学者であるがゆえの悲しみ、執念に涙がでました。人は記憶に支えられていることを改めて認識しました。
イメージ 3
そして、家族には迷惑を掛けないと、記憶があるうちにと作った最後はこうすると決めた処方せん(自殺)。実施しようとして、娘の来訪で寸前に失敗。記憶があるときに作った計画は、実行不能だと思いました。
最後はこのドラマのラストシーンのように、家族に任せることになる。家族の絆こそが、彼女の残した最大の記憶であることを教えてくれました。( ^)o(^ ) 
***