映画って人生!

宮﨑あおいさんを応援します

「騙し絵の牙」(2021)「めちゃくちゃ面白いです!」、・・

f:id:matusima745:20211010143921p:plain

作品タイトルがピンとこないと放置しておいた作品。WOWOWで鑑賞しました。今年3月の公開作品ですので、TV放送では早い公開になりましたね!

出版業界を舞台に、廃刊の危機に立たされた雑誌編集長が、裏切りや陰謀が渦巻く中、起死回生のために大胆な奇策に打って出る姿を描くというもの。

原作は「罪の声」などで知られる作家・塩田武士さん大泉洋さんをイメージして主人公を「あてがき」した同名小説。これを大泉さんの主演で演じるという。😊

監督:吉田大八、脚本:楠野一郎 吉田大八、撮影:町田博、編集:小池義幸:音楽:LITE。

出演者:大泉洋松岡茉優佐藤浩市池田エライザ斎藤工中村倫也佐野史郎リリー・フランキー國村隼木村佳乃、他。とても超豪華です。

出版不況の波にもまれる大手出版社「薫風社」では、創業一族の社長が急逝し、次期社長の座をめぐって権力争いが勃発。そんな中、専務の東松(佐藤浩市)が進める大改革によって、売れない雑誌は次々と廃刊のピンチに陥る。カルチャー誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされるが……。

冒頭、文芸誌“薫風”の新人編集者・高野恵(松岡茉優)が新人賞応募作品「バイバイすると死ぬ」(矢代聖)を夜が明けるのも知らず読んでいるとき、朝の散歩中の社長の伊庭喜三郎が急逝するというシーンから物語が始まります。

後継は伊庭の息子・惟重ですが、米国で修業するとして、当面、営業畑の専務・東松(佐藤浩市)が中継ぎとして社長に就任。文芸畑の常務・宮沢と対立関係にある。速水は東松派、「雑誌トリニティを廃刊にする!」と打診された速水は「まだやれる」と啖呵を斬った。一方、文芸誌月刊“薫風”を季刊誌とした。文芸誌編集長・江波百合子から高野は管理部所属となった。

f:id:matusima745:20211010144244p:plain

東松には社の将来のため「KIBA」計画を進めたいと考えていた。この計画は製本と物流の拠点を作って、従来の取次所を経由しないで、直接薫風社の書籍を読者に届けようというもの。先代社長夫人の了承を得ていた。

ここから速水のトリニティ継続のための戦いが始まる。速水は高野をトリニティ部にスカウトした。

先ずは今薫風社がもっている資源の活用と、かって“薫風”誌で活躍したミステリー作家の二階堂に目を付けた。ワイン好きの二階堂をレストランに招待し高野に対応させる(社長が同席すると騙し)。二階堂が酔っぱらった高野にあわやというところに速水が現れ、二階堂の弱みを握って、漫画の原作者としてトリニティ誌に登場させる。ワインかぶれの二階堂役・國村さんのぶっ飛んだ演技が楽しい。(笑)松岡さんのほんのり酔っ払いがまたよかった(笑)。

酔払った高野をタクシーで家に送るとき、高野のバッグから新人賞応募原稿「バイバイすると死ぬ」が落ち、これに目を留めた。

編集者としては新人の高野。名著と言われているが絶版となっている神座詠一の原稿(誰の手も入れさせなかった)が社庫にあることを知って、取り出し筆を入れてみた。神座が小説を辞めたのはセスナの操縦に興味を持ったためと、飛行場を突き止め会いに行ったが逃げられた。この設定は無理がありますね!(笑)この話を速水にすると「俺も読んだ!」と言った。

f:id:matusima745:20211010144328p:plain

ある日突然に八代聖さんだと社みに連れて来て皆に紹介。高野は大感激。が、速水は高野にも話をさせない。新人作家だから誰も知らない。文芸部は驚く。なぜ新人賞に選ばなかったと江波が宮沢常務から責められる。宮沢と江波が文芸部に引きたがる(大きな嘘の布石)

次に目をつけたのがカリスマモデルの城島咲池田エライザ)。彼女の裏趣味、3Dプリンターによる拳銃作りににつけて近づき、あたらしい彼女の魅力を引き出してシークレットサービス」スタイルでトリニティの表紙を飾る。二階堂のおかしなファッションで、イケメンの八代でトリニティの表紙を盛り上げて、トリニティの売り上げが伸びてくる。

f:id:matusima745:20211010144444p:plain

ここで仕掛けるのが八代と城島咲の恋愛スクープ。これでトリニティの売り上げがまた伸びる。ついにストーカー男が城島のマンションで襲った!銃が壊れて咲が受傷、男に怪我はなかった。大ニュースだ!この男が「なんでここまでやらされる!」と吐くから、これは嘘と分かった。(笑)

このスキャンダルをどう処理するか?これは話題のテーマですね!😊

表現者と小説は関係ない。文学の世界は常識の枠には収まらない。美しさの中の美しいものが消えてしまう」「スキャンダルネタで咲本人に小説を書かせる方が損害より大きな利益が出る」を東松の頭に叩き込み、これで重役会議を凌いだ。雑誌の売行きは、ツイッターで話題になり、思ったとおりで大成功。これで宮沢がピンチに立たされた。

f:id:matusima745:20211010144406p:plain

「バイバイすると死ぬ」の発表会衣装で八代が速水の勧めるものに反対して喧嘩別れ。これを知った江波が薫風で掲載すると八代をスカウトし「連載広告」を打って、常務の宮沢同席のもとで記者会見を行った。ところが八代は「この作品は自分が書いたものではない。本人は別にいる、芥川賞を取らせてやるというからその言葉に乗った。申し訳ありません」と告白し、会場は大混乱となった。

f:id:matusima745:20211010144511p:plain

会見室を出た八代を速水がエスコートして別室に。高野が追った。その部屋にリリー・フランキーが居て「私が神座だ!あの原稿は俺が描いた。若いやつが書いたというから悔しくて出てきた。結局、“この人”の仕掛けにハマった」という。

高野は「そんなに面白いんですか!人を騙して!」と速水に抗議した。「めちゃくちゃ面白いです!」と速水。

この一件で宮沢は常務を降りた。東松が全て自分の一存で進むと「KIBA」プロゼクトを重役会議に出すと、そこに留学中の伊庭惟重が現れ「KIBAは中止、アマゾンと仮契約を結んできた。速水さんとは旧知の仲だった!」。

高野は神座に編集者としての能力を買われ、「本屋でしか買えない本を出版する」と会社を立ち上げ、初版本を3万5000円で売り出した。

速水は獄中の城島咲を訪ね「君の書きたいものを書かないか、書くしかない。映像化も目標に世界に発信する。城島咲のように跳んでる人はいない!たぶんめちゃめちゃ面白い!」と誘っていた。

感想:

改革には正面から押してもダメ、裏の裏から攻め落とせ!人たらしで柔らかく迫れと教えてくれています。(笑)主演が大泉さんでなればならない理由がわかりました。😊

この人はどんなに嘘をついても憎めない人だということがわかりました。(笑)懐が深すぎる、これでしょうね!どうしたらこうなれるんでしょうか?しかしその心には「楽しみながら苦を選ぶ」という考え方。大きな改革はこれがないと出来ない。

最初に二階堂や城島咲の攻略への嘘は見抜けましたが、後段の八代を使っての宮沢常務攻略、さらに本命東松社長攻略なんぞ絶対に分からない。嘘は構想が小さいものはバレルが、大きくなればなるほど分からない。😊

速水のように人懐っこさで騙してその裏に牙を持っている。高野恵のように騙され強くなっていった。(笑) コミカルな作品ですが、誰もが経験する、世の中は恐ろしい!と思わせてくれた作品でした。(笑)

背景が厳しい状況の出版業界を舞台にして生き残りを駆けた闘いのなかで勝ち抜くための戦略を描いているのも面白い。社会派ドラマとなっていました、これが最後まで興味を繋いでくれました。生き残りには「時間は想像より早く流れる。だから最も難しいアイデアを選んで実行する以外ない」「無理だから面白い!」という速水のセリフ。高野は「小さな会社だから守らずに責めるだけ!」と。

表現者と小説は関係ない。文学の世界は常識の枠には収まらない。美しさの中の美しいものが消えてしまう」、このセリフは、出演者が事件を起こすと、彼の出演作品が観れなくなるという我が国の社会風潮に対する批判、当然だと思いますね!

脚本が巧妙で、皆さんの演技が上手くて騙されますね!面白い作品でした。

          ****