映画って人生!

宮﨑あおいさんを応援します

「ディア・エヴァン・ハンセン」(2021)

トニー賞で6部門を受賞し、グラミー賞、エミー賞にも輝いたブロードウェイミュージカルの映画化作品。監督は「ワンダー 君は太陽」のスティーブン・チョボウスキー、ミュージカル楽曲は「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」「アラジン」など大ヒ…

「聖地X」(2021)

「AI崩壊」の入江悠監督が、岡田将生さんと川口春奈さんの共演で描くホラー映画。さらに「想像絶する悪夢がはじまる」というキャッチコピーに誘われて、怖いもの知らずで、観ようと決めました。・・ 原作:劇作家・演出家の前川知大さんが主宰する「劇団イキ…

日曜劇場「日本沈没-希望のひと―第6回」

第6回「日本を襲う残酷な事実」 あらすじ(ねたばれあり要注意): 日本未来推進会議に天海(小栗旬)が戻って来た。首都東京の復興に向けて、取り組む決意を誓いあった。 国民も日常を取り戻しつつあり、政府でも、復興に向けた議論が進められていた。その…

「土竜の唄 FINAL」(2021)モグラの正義と仲間の友情を核にしっかり締めた最終作!笑った!笑った!

宮藤官九郎さんの脚本で三池崇史さんが撮る、生田斗真さん主演作品。アクション・コメディ「土竜の唄」シリーズの第3弾にして完結編(5年ぶり)ということで公開朝一番の上映に駆けつけました。なんと大きな劇場がガラ空!何で!何で!とこれに驚き、びっく…

「恋する寄生虫」(2021)あなたの身体にも虫がいます!きっと恋のチャンスが訪れます!

潔癖症に苦しむ孤独な青年と視線恐怖症の不登校女子高生のはかない恋愛を林遣都さんと小松菜奈さんで描くという。おふたりがスクリー登場以来見続けているので、いかなる作品でも観る。(笑)ということで今回も駆けつけました。 原作:三秋縋さんの同名小説を…

日曜劇場「日本沈没-希望のひと―第5回」

第5回「希望は絶対に消させない」 あらすじ: 恐れていた関東沈没は突然始まった。首都圏を中心に深刻な打撃を受けた。 沿岸部にいた天海(小栗旬)と椎名(杏)も関東沈没に巻き込まれて、その被害を受け、避難所に避難していた。 田所博士が早々と「海底プ…

「カオス・ウォーキング」(2021)まさか?やられた!という作品でした。

「スパイダーマン」シリーズで一躍有名になったトム・ホランドと、「スター・ウォーズ」シリーズでチャンスをつかんだデイジー・リドリーの共演で、宇宙もののSF作品ということで、ふたりの演技を観ようと飛びつきました。(笑) まさか?やられた!という作品…

「KCIA 南山の部長たち」(2019)キム部長の決起に至る心情以上に「軍事政権による政治腐敗と民主主義」を問うた作品!

1979年朴正煕大統領が中央情報部部長金載圭に暗殺された実話を基に映画化した実録サスペンス。 事件があったということぐらいで、その詳細をほとんど知らない。とても評判のよい作品ということで、WOWOWシネマで鑑賞しました。 結論を先に述べますと、“すば…

日曜劇場「日本沈没-希望のひと―第4回」

第4回「逆襲と別れ」 新聞に「半年以内に関東圏沈没」の記事が出た。そこに17日総理会見の記述があった。里城副総理(石橋蓮司)は東山総理(仲村トオル)に「総理に担ぎあげてやったのに」と不満を露わにした。 里城副総理や長沼官房長官(杉本哲太)がネタ…

「エターナルズ」(2021)現代の創世記、多様なヒーローの出現に、人類の何かを知る!

「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に、これまで人知れず人類を守ってきたエターナルズが姿を現し、未曽有の危機に立ち向かうという作品。 アベンジャーズの主要ヒーローが居なくなったその後、いかなるヒーローが出てくるのか、さらに如何なる…

「劇場版 きのう何食べた?」(2021)相手を日々思うことで深化する愛、西島・内野さん夫婦の魅力を堪能!

よしながふみさんの発行部数840万部という人気漫画。2019年4月、西島秀俊さんと内野聖陽さん主演で連続TV化されて大変な話題となった作品。おふたりがゲイを演じるという、いかなる作品なのか公開初日駆けつけました。レディース・デイということもありま…

「由宇子の天秤」(2020)

「火口のふたり」の瀧内公美さんの演技が大変話題になっている作品。3年前に起きた女子高生いじめ事件を追うドキュメンタリーディレクラーを通して、情報化社会の抱える問題や矛盾を真正面からあぶり出していくドラマ。 「火口のふたり」の舞台挨拶で言葉を…

「ビューティフル・ボーイ」(2018)ティモシー・シャラメの進化を確認!

「DUNE/デューン 砂の惑星」を観て、ティモシー・シャラメの進化を確かめようとWOWOWで鑑賞しました。 原作:Netflix「13の理由」の脚本家として活躍する父親:デヴィッド・シェフが書いた「Beautiful Boy」と、息子:ニック・シェフが書いた回顧録「Tweak」…

「燃ゆる女の肖像」(2019)

18世紀フランスを舞台に、望まぬ結婚を控える貴族の娘と彼女の肖像を描く女性画家の鮮烈な恋を描き、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で脚本賞とクィアパルム賞を受賞したラブストーリー。 とても評判のいい作品。監督の経歴を調べていて興味を持ち、WOWOWシ…

日曜劇場「日本沈没-希望のひと―第3回」

第3回「守るべきは経済か?人命か?」 あらすじ: 「関東沈没が1年以内に始まる、確率は50%」という田所博士(香川照之)の分析報告を総理官邸で聞いた天海(小栗旬)は、避難対策の緊急性を強く訴えた。しかし、里城副総理(石橋蓮司)は田所を詐欺学者と…

「燃えよ剣」(2020)

武士の理想を胸に、最期まで時代の流れに抵抗し続けた新選組副長・土方歳三の戦に明け暮れた壮絶な人生を圧倒的なスケールで描き出すという。 司馬遼太郎の名作歴史小説を「関ヶ原」の原田眞人監督&岡田准一主演コンビで映画化したスペクタクル歴史ドラマ。…

「最後の決闘裁判」(2021)男性に!是非観て欲しい!

強姦事件を巡り、中世フランスで実際に行われた決闘裁判を巨匠リドリー・スコット監督が映画化した歴史ミステリー。 原作:エリック・ジェイガー、訳本があるようですが未読。監督:「ブレードランナー」(82)「オデッセイ」(15)のリドリー・スコット。マ…

「DUNE/デューン 砂の惑星」(2020)全てがすばらしい!次なるメッセージは何か?

映画史は勿論、この世の全てのアドベンチャー体験を過去のものへと変える、未来型シネマ・エクスペリアンスが貴方を待っている!エクスペリアンスを味合うと鑑賞です!(笑) 監督は「メッセージ」「ブレードランナー 2049」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。主要スタ…

日曜劇場「日本沈没ー希望のひとー第2回」

第2回“関東沈没を巡る対立” あらすじ: 田所博士(香川照之)の予測通り、日之島が沈んだ。それは関東沈没の前兆が起きたということになる。環境省の天海啓示(小栗旬)は日本未来推進会議で、対策を早急に行うように訴えるが、地球物理学の最高権威・世良教…

「騙し絵の牙」(2021)「めちゃくちゃ面白いです!」、・・

作品タイトルがピンとこないと放置しておいた作品。WOWOWで鑑賞しました。今年3月の公開作品ですので、TV放送では早い公開になりましたね! 出版業界を舞台に、廃刊の危機に立たされた雑誌編集長が、裏切りや陰謀が渦巻く中、起死回生のために大胆な奇策に打…

「ソウル・ステーション パンデミック」(2016)ヘスンが、本当に怖かったのは?

大ヒットした韓国のゾンビホラー「新感染ファイナル・エクスプレス」(2017)の前日譚となるアニメです。 ソウル駅で始まった感染パニックを、ある女性の決死のサバイバルを軸に描くというもの。 ポスターで分かるように絵としての魅力はないかもしれない。…

日曜劇場「日本沈没ー希望のひとー第1話」(2021)

第1回「見えない敵と戦え」 「伊豆半島のある島が沈没する」という予言が真実であったか? くしくも10月7日(木)東京、埼玉で震度5強の地震発生で首都圏の交通が混乱した直後の放送となり、興味を持って観て貰えたのではないではないでしょうか。 局挙げて…

「キャッシュトラック」(2021)WRATH OF MAN

“キャッシュトラック”現金を護る側か、盗むが側か?劇場予告編で曖昧だから観ることにしました。その展開は予想外でした。邦題に騙された!(笑) 監督ガイ・リッチャーとジェイソン・ステイサムでなければ作れないクライム・アクション作品、面白い!殺し方に…

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」(2020)人生の終わりが007、納得の結末でした。

「真っ白な状態で観て欲しい、面白いから!」という感想文に接して、ダニエル・グレイブ版最終作を観ることにしました。ということで全く素人の感想文になります。 本作はダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる5作目にして最後のダニエル版ボンド…

「護られなかった者たちへ」(2021)少しの勇気でよ い、 声を上げよ!

監督が瀬々敬久さんで佐藤健、阿部寛さん出演作ということでこの作品を選びました。客は「007」でこちらは空いていると思っていましたが、よく入っていました。(笑)大半が女性!男性は「007」だったんだろうと思っています。「王様のブランチ」でリリコさん…

「MINAMATA ミナマタ」(2020)久しぶりに涙が止まらなかった!

水俣病の存在を世界に知らしめた写真家ユージン・スミスとアイリーン・美緒子・スミスの写真集「MINAMATA」を題材に描いた伝記ドラマだという。ジョニー・デップが製作・主演を務め、日本からは実力俳優の真田広之、國村隼、美波さんらが参加、坂本龍一さん…

「空白」(2021)心に沁みる作品でした。ほんのわずかな寛容さで、人は生き返る!!

吉田恵輔監督作品ということで楽しみにしていました。 交通事故で娘を失った父親が、事故の原因となったスーパーの店長を追い詰めるべく、マスコミやSNSを巻き込み激しい憎悪をエスカレートさせていく暴走の顛末を描いたヒューマン・サスペンス。 監督自…

「マスカレード・ナイト」(2021)

東野圭吾さんのベストセラー小説“マスカレードシリーズ”第2作。前作で犯人捜しに失敗したので、今回は当ててやろうと、原作未読で挑戦。結果は難しかったですね。推理を楽しむ余裕もなく、二転三転、種明かしで、そうだったのかという始末でした。(笑)まあ、…

「レミニセンス」(2021)“レミニセンス”って壮大な恋が楽しめますね!

ほぼ浸水した都市を舞台に、記憶に潜入するエージェントが、謎の女性を探し求めに記憶の深淵へと向かうSFサスペンス。 「メメント」(00)「ダークナイト」(08)「インターステラー」(14)とクリストファー・ノーラン監督作品で脚本を担当してきた、弟のジ…

「ピータールー マンチェスターの悲劇」(2019)

1819年にこんな凄惨な事件が英国であったということを知りませんでした。イギリスの名匠マイク・リー監督作品ということで、WOWOWで鑑賞しました。 日本では1819年に阿部正弘(江戸幕府老中首座)、安藤信正(江戸幕府老中)、1823年に勝海舟が誕生、こんな…