映画って人生!

宮﨑あおいさんを応援します

「ドクター・ストレンジ」(2017)

イメージ 1
金曜ロードショー517日)観賞記。「インフィニティ・ウォー」でストレンジは、1400605の案から唯一勝てるものとして、トニーの命と交換でタイム・ストーンをサノスに渡したがその真意は?そして「エンドゲーム」でのエンシェント・ワンとブルースのタイムストーンを巡る会話。いずれもこの作品の主題、タイム・ストーンとは何ぞや、ストレンジのサノス攻略戦略はなんであったか。興味が尽きないです。( ^)o(^ )
 
天才的な外科医者だが傲慢だったストレンジが、事故で神の手との言われた両手が利かなくなり、東洋魔術の習得で、利他的な精神に目覚め天才魔術師として人を救うことになるまでの物語。
 
各種の魔術の習得とこれを使っての悪の魔術師カエシリウスとの戦い。各種魔術の映像表現が、これまでに見たこともないもので驚き、気分が悪くなりました!これだけで、本作を観る価値があります! 魔術は万華鏡の世界、デイメンジョンの解釈は映像で確認してください。()
 
ティーヴン・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチとその師エンシェント・ワン役のティルダ・スウィントンの、魔術師としての雰囲気、腕と指のパフォーマンスによる演技に魅せられます。
 
***
冒頭、魔術教則本1ページを破いて立ち去るカエシリウスに「その術は苦しみしかもたらさない」と師のエンシェント・ワンがその後をつけ建物や道路がキャタピラーのようにうねり襲い掛かる(ダークミラー・デイメンジョン)シーンから物語は始まる。これを逃げ切ったカエシリウスとストレンジの闘いが主題となります。
イメージ 2
歌を聞きながら高度な手術を施すストレンズは、名は通ているが傲慢。ベネディクト・カンバーバッチの持つ雰囲気がよく合っている。()
ある日、ランボルギーニで学術発表会に向かう途中、夜の山道で自損事故。両手の神経を損傷しその機能を失った。さまざまな治療法を試してみるが両手の機能は治らず、同じ障害から奇跡的に回復したというバスケの選手ジョナサンの紹介でネパール・カトマンズにある“カマー・タージ”と呼ばれる施設を訪ねる。
 
街で知り合ったカマー・タージで修行を積む魔術師モルドの「常識の全てを捨てろ」を胸に、エンシェント・ワンの門を叩くといきなり「魂で体を治す」と聞き「バカな!」と言ったとたんに指一本が脳に触れ多次元宇宙術を掛けられ、宇宙へぶっ飛ばされた。「物質的な宇宙が全てではない。思考が現実を創る。マルチバースには無限の宇宙が存在する。そこには善意や命を育むものや悪意と欲望に満ちたものがある。暗黒の世界、時間を超越した力が私たちを待ち受けている。あなたが存在する意味は何か」。さっぱりわかりません!() これでストレンジは教えを請うようになった。
イメージ 3
モルドを相手に“レリック”の修行が始まる。ワンがマルチバースに存在する別の場所からエネルギーを引き出して呪文を唱え、楯や武器を呼び出して魔術を作り出す“レリック”を見せて「やりなさい!」という。「出来るわけがない」とストレンジ。
ストレンジがウオンの管理する図書室に本の返還に訪れ、ワンの私本を取り出すと破られたページがある。ウオンが「カリオトロスの書、そのページはカエシリウスに盗まれた。あいつを倒すときがくるぞ!」という。
 
カエシリウスは盗んだページを繋ぎ、“ダークミラー・デイメンジョン”を操れるようになっていた。
 
スリングリンクを渡され“レリック”を試すがうまく行かない。すると、ワンが「流れに従いなさい。己の力として使え。己を鎮めなさい!」と雪の世界エベレストにテレポートされる。これでは凍え死ぬ!必死でレリックに挑み、ワンの元に戻ってきた。 
イメージ 7
次の魔術を覚えたいと、図書室から本を持ち出して研究。これを知ったワンから「安全なところで修行しなさい」とミラーデイメンションの部屋が与えられ「無限マルチベースデイメンション」に取り組む。
 
研究室で、タイムストーン(アガモットの眼)を首に掛け、教則本「カリオトロスの書」で試みるとリンゴが腐ったり、元に戻ったりと時間を操れる。そこに「止めろ!」とモルドがやってきて「時間軸が狂う。存在自体すらなくなる」と注意する。「アベンジャーが物理的危険から地球を守るが、俺たちも魔法の脅威から地球を守っている。3個のサンクタムで別の次元からのドルマムゥの攻撃から守っている」と教わっていた。その時、ロンドンのサンクタムからの警報が鳴った!
 
ロンドンにテレポート。
建物が崩壊し、街が大混乱。サンクタムに入ると各種の魔法術用資材が備えられている。そこに カエシリウスが「死んでもらう」と弟子を従えやってきた。モルドが、ついでストレンジがカエシリウスと戦うが刃が立たない。相手のダークデイメンジョンに歯が立たずぶっ飛ばされる。
イメージ 4
ストレンジに赤いマントが被さり、力が戻り、鉄の鎧を カエシリウスに投げつけて拘束した。彼が「永遠の命を貰いにここに来た。すべてを超越したドルマムゥにこの世界を委ねたい。ワンはドルマムゥの力を借りていて、手品を見せるだけで全てを教えない。お前、騙されている!」と挑みかかってくる。
 
取られたスリングリングを取り戻し、クリステーンのいるメトロポリタン総合病院にテレポート。彼女の助けを受け、自分の“アストラル体”(幽体離脱)で己の体を治療しながら、追っかけてきたカエシリウスの部下と闘い、彼を倒した。こんなはなし、理解困難です。()
ストレンジがクリステーンに「東洋医学に触れカトマンズで学んでいた」というと「それカルトだよ!」という。そう思う。() 

「カルト集会に遅れる」とすぐにニューヨークサンクタム来るとやつが死んでいた。“浮遊マント”を着けてレリックを操る力が認められ、ワンからニューヨークのサンクタムの管理を任されたが、「適任でない」と不満を述べ、「あなたはドルマムゥの力を借りて長生き(700歳)してきた。何故か?」と問うと「いずれカエシリウスがやってきます」とだけ答えて去った。モルドから「お前は自分のためにしか生きていない」と激しく非難される。
イメージ 5
ニューヨークに カエシリウスが現れ、ワン、ウオンと共に“ミラーデイメンション”で戦った。彼は“ダークミラーデイメンション”で罠を掛けてきた。ビル群がぐるぐる回る映像で目が回る。これにワンが身を挺して立ち向かったが追う詰められ、現実世界に戻り、大怪我を負った。メトロポリタン総合病院でストレンジが懸命に治療したが、「ドルマムゥの力を借りることは不本意だが大きな目的のために必要だった。あなたは成功を求めたから強くなった。しかし、それがあなたを縛っている。我より人。あなたには柔軟性が必要。それで ドルマムゥに立ち向かえる」と遺言して亡くなった。ストレンジはきっぱりとクリステーンに別れを告げ、人類のために戦うと決意した。
 
ダークデイメンジョンの世界を出現しようとカエシリウスが香港に入った。ストレンジはウオン、モルドと共にカエシリウスと対峙。激しい戦いのなかで、時間を超越してドルマムゥに会う。ドルマムゥの攻撃に時間を操って、耐えて、耐える。
イメージ 6
現れたドルマムゥに「闘いは永遠に続くぞ。でも、何度も何度も戦う。カエシリウスを二度と地球を戻すな!」と説得した。カエシリウスらは暗黒次元へと引き戻された。
 
闘いが終わると、「お前たちは神の法則を犯した。いずれ報いを受ける。同じ道は進めない」と言葉を残してモルドが去っていった。「インフィニテイ・ストーンを提げて歩くにはまだまだ準備がいる」とウオン。ストレンジの時計が、腕が動き始める。

師エンシェント・ワンの教えで、「エンドゲーム」のシナリオが読めるようなストーリーでした。ポスト・クレジット・シーンがない。これは残念でした!
追記
アベンジャーズが試行錯誤を重ねている間、アイアンマンことトニー・スタークも独自に研究を進めていた。そして、表が裏になり、裏が表にもなる「メビウスの輪」のCGモデルが示すように、過去から現在、現在から過去へと、一方通行ではない、秩序立った時間の流れを、量子世界の法則として発見することに成功したのだ。そう、トニー・スタークは、学問の分野においてもヒーローとなっていたのである。もちろん、あくまで物語のなかの話だが。
***
キャスト:
レイチェル・マクアダムス:クリスティーン・パーマー
マイケル・スタールバーグ:ニコデマス・ウエス
ベンジャミン・ブラット:ジョナサン・パンクボーン
スコット・アドキンス:ストロング・ゼロッツ
ティルダ・スウィントン:エンシェント・ワン
***