映画って人生!

宮﨑あおいさんを応援します

「TENET テネット」(2020)

f:id:matusima745:20200920201023p:plain

クリストファー・ノーラン監督作。とても評判のよい作品で期待しておりました。

スパイとしての能力を買われた男が、ある組織から、未来からやって来る敵と戦って、第三次世界大戦を阻止して欲しいと頼まれる。彼は時間が逆行する兵器を売買する商人を炙り出し、彼らを通して未来の敵と対峙する。

時間が順行や逆行しながら展開するスパイもので、ストーリーはシンプルですが重みがある。しかし、時間が逆行する展開は読めないところがあり、とてもミステリアスでした。見たことのない逆行アクション、そしてリアルさに拘る監督らしい映像を楽しめます。

1回目の所見。ハラハラドキドキは嘘で、よく分からなかったが本音です!(笑)

順行逆行を同時に描いて、時間内の情報量を2倍にするんだから、分からないは当たりまえ!

監督・脚本・製作:クリストファー・ノーラン、撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ、音楽:ルートヴィッヒ・ヨーランソン

出演者:ジョン・デビッド・ワシントン、ロバート・パティンソンエリザベス・デビッキケネス・ブラナー、ディンプル・カパディア、アーロン・テイラー=ジョンソン、ヒメーシュ・パテル、クレマンス・ポエジー


映画『TENET テネット』本予告 2020年9月18日(金)公開

あらすじ(ねたばれ):

キエフ国立オペラ座。テロ事件が発生!と同時に準備していた特殊部隊がワッペンをつけて?場内に侵攻。名もなき男(ジョン・デビッド・ワシントン)が合言葉「黄昏に生きる!」と発声し、男に近づく。「物は?」「クローゼットだ」。クローゼットを調べ、場内に戻ると爆発物を発見。「観客に罪はない!」と安全処置を施すと敵に捕らえられ「お前は誰だ!」と拷問に掛けられ、自ら毒薬カプセルを噛んだ。このテロ襲撃は誰が仕掛けたか?

f:id:matusima745:20200920201149p:plain

名もなき男が病院船で目覚めると、フェイという男から「ようこそ未来へ!お前は死んだ!」と声を掛けられ「未来からくる敵から民を守る」という任務が課せられた。彼はしばらく洋上風車のタービン室で休養・体力回復を待って、トロンヘイムに所在する「時を逆行する武器」を研究している施設で、弾丸は前に進むのではなく戻ってくるという“逆行”の実態を教わる。

時を逆行させる武器の売買をやっている商人シン(デンジル・スミス)をムンバイに尋ねることにした。

ムンバイのシン商社待合室。ニールという男が現れ、昔あったことがあるように話しかけてきて、名もなき男の作戦に同行するという。面談に時間がかかりそうなので、夜、バンジーロープを使ってシンのペントハウスに乗り込むことにした。

f:id:matusima745:20200920201308p:plain

部屋にはシンとその妻ブリヤ(ディンプル・カパディア)が居た。ブリヤから「逆行する武器ならセイダー(ケネス・ブラナー)が良い。しかし、仲介がいる」という情報を得た。

名もなき男は、ロンドンに飛び、馴染みのある英国情報員クロスビー(マイケル・ケイン)に面談。「セイターはスタルスク12の出身。2週間前オペラ座のテロ事件があった日に、核事故があった町だ。妻の名はキャット(エリザベス・デビッキ)、贋作鑑定士だ。画家のトマス・アレポと出来ている。スーツには拘ること!」と教わった。

名もなき男はアレポのゴヤ贋作絵を持ってキャットのオークション・ハウスを訪ねて、艦艇をしてもらった。キャットは名もなき男の意図を読み取り、冷え切った夫婦関係を打ち明けた。セイターはキャットを繋ぎ止める担保として、キャットがアレッポの贋作に高価な値を付けた絵を買い取ってオスロー空港内のロータス社フリーポートで管理していると話した。名もなき男はこの絵を取り戻すことでキャットとの関係を築き、セイターへの接近を試みることにした。

名もなき男とニールはオスロ空港に飛び、いかにして絵を取り戻すかを検討。ニールが輸送機を盗んで仲間の操縦手マヒア(ヒメーシュ・パテル)に操縦させロータス社ビルに突っ込み火災を起して、その混乱に紛れて盗み出すことにした。

結果は成功!しかし、どの部屋にも絵が見つからない。奥の回転ドアーを開けようとするとふたりの黒服男が出てきた。名もなき男は相手に挑むが変だ!「逆行戦闘」だった。ニールが男のマスクを剥ぎ取るとドアーの向こうに逃げこんだ。部屋に入るとそこに絵が見つかった。

f:id:matusima745:20200920201230p:plain

名もなき男はムンバイのブリヤを訪ねこの奇妙な体験を話し援助を請うた。ブリヤは「逃げた男は未来から来たやつ。セイターはプルトニウム241を狙っている。セイターを殺してはダメ!プルトリュームを餌に捕まえなさい!」と教えてくれた。

f:id:matusima745:20200920201401p:plain

名もなき男はキャットの仲介でアマルフィでセイターに会った。豪華なヨットに誘われ、レーシングヨットを楽しんでいるとき、キャットがセイターの安全ベルトを切って海に放り出した。彼を名もなき男が助け上げた。セイターは名もなき男を呼び助けてくれたことに謝意を示したが「プルトニューム241は苦労して探したもので誰にも渡さない!」と言う。

夜間、ヘリがヨットに金塊が運び込まれ、フリーポートビルに運び込まれた。名もなき男がこれを覘き見したためボルコフ(ユーリー・コロコリニコフ)に捕らわれ、セイターの信頼を失った。

名もなき男はセイターと組んでプルトニュームを盗むことを諦め彼を監視していた。セイターとキャットがフリーパスポートビルに入るのを見た。ここでキャットはセイターが武器売買人だと知った。彼を殺そうと拳銃を向けたが、奪われて駄目だった。

タリン。名もなき男らが見張っているとプルトニュームを乗せた警察の大型トラック出てきた。これを追跡し、高速道路のカーチェイスで追い詰め、赤いバッグを盗み出すが、バッグの中身は部品だった。そこにマスクを着け逆走で駆けつけたセイターが、キャットで脅しながら、バッグを寄こせ!という。そこに横転した車両が元に戻り逆走で中に割って入ってきた。名もなき男は部品を逆走車に投げ、バッグをセイターに渡した。セイターは下車し、キャットを乗せた車が走り出す。名もない男はこの車に乗り移りキャットを救出した。車は炎上しセイターの一味に捕らわれた。「逆行カーチェイスシーン、ここはとても複雑でよくわからない!()

名もなき男はガレージに連れてこられ、キャットをガラス越しに対面した。キャットの部屋は逆行で、セイターはキャットを拳銃で脅しながら、「プルトニュームはBMWか?」と聞いて来る。ニールが「俺の処だ!」という?キャットはセイターに拳銃で撃たれた。

f:id:matusima745:20200920201455p:plain

名もなき男とニールはキャットを救うために彼女のいる部屋(逆行ゾーン)に入って行った。ふたりはマスクを着け高速道路のカーチェイスを辿った!

ロータス社のコンテナーのなかに傷ついたキャットを見つけ出した。彼女が「爆心地にアナゴリズムを届けたい!」と喋った。ニールが注射で眠らせた。キャットをオスロに匿うことにした。ニールが「起きたことは仕方がない!破滅から救おう!」とキャットの治療にあたった。

ブリヤをオスロに呼びセイターのアルゴリズム完成度について聞いた。「セイターは部品を全て揃え、アルゴリズムを組み立てるとろに来ている。組み立て場所はセイターの生まれ故郷スタルクス12だ」「トロンハイムで準備して、毒をもって毒を制するしかない。TENETは現世でなく未来で作られる」と示唆した。

トロンハイムの基地(母艦)。キャットが「セイターはガンよ」と告白。名もない男は「死ぬ前にアルゴリズムを奪う。死に場所はどこだ」と聞くと「ベトナム!」

母艦で作戦準備を整え、スタルクス12へ乗り込んだ。一方キャットはベトナムでセイターの自殺を防ぐ役目だった。

軍は逆行するブルー部隊(ニール)と順行するレッド部隊(名もない男)をもって行う時間挟撃作戦を計画。ブルー部隊でトラップを察知処理しカプセルを探索、レッド部隊でこれを回収するとともにブルー部隊を収容するというもの。

名もなき男が爆心に辿りついたが鉄格子があってカプセルに近づけない。そこにニールが現れ鉄格子は開けられ、妨害するボルコフを射殺して任務を達成した。地表に戻ってきたニールは「世界は終わった。やったことは仕方がない」とブルー部隊とともに去って行った。

キャットは「やられたらやり返す女よ」とセイターを射殺して島を離れた。

感想:

第三次世界大戦はなぜ生起するか?未来世界は“食料難”で行き詰まり、未来人が現在に逆行してきて生活圏を争うという設想に、将来起こりうるかもしれないという感があり、この物語を面白くしてくれます。

時間の逆行をバカ話ではなくエントロピーの逆転で説明し、その物理現象を明らかにして、順行と逆行という時間の流れのなかで人の行動や物の動き、環境を描く物語には説得力があります。が、難解でした。(笑) 

逆行を当初研究所で、拳銃弾の動きで基本を教わり、回転扉を使った逆行戦闘、逆行カーチェイス、時間挟劇作戦と、逐次レベルアップしていく逆行描写が、未だに掌握しきれていませんが(笑)、見事でした。

オペラハウス、洋上風車群、ボンベイアマルフィ海岸など世界を駆け巡る風景が楽しめました。お気に入りはアマルフィでのレーシングヨット

ペントハウスの逆バンジー登けん、オスロー空港でのボーイング747ジャンボジェットのビル突入炎上、高速道路でのカーレースなど迫力のある映像でした。難解さでカーチェイス、映像の面白さでラストの時間挟劇作戦がよかった!

ラストでスタルクス12における軍の活躍と、キャットとセイターの動きがシンクロされて描写され、とても緊迫感が感じられる面白い演出でした!

キャットとセイターの愛憎劇。キャットを演じるエリザベス・デビッキがとても魅力的で面白かった!ラストは少しやり過ぎ!

ニールが別れ際名もなき男に「お前が呼んだから来た!」というセリフ、一体ニールは何者か?そして時間挟劇作戦を終えて、名もなき男が結果をキャットに伝える「あなたではなく俺だ!作戦は終わった!」の言葉。彼は何者か?確認しなければなりません。

             ****