映画って人生!

宮﨑あおいさんを応援します

「ミスティック・リバー」(2003)登場人物全員の運命の行く末に泣いた!

f:id:matusima745:20210404125138p:plain

クリント・イーストウッド監督作品ということで、WOWOWで初観賞です。原作は全米でベストセラーとなったデニス・ルヘインの同名のミステリー小説、未読です。タイトルはマサチューセッツ州を流れる実在の川だそうで。

第76回アカデミー賞で作品賞を始めとした6部門にノミネートされ、ショーン・ペンが主演男優賞、ティム・ロビンス助演男優賞をそれぞれ獲得しています。

幼いころある事件で疎遠になった三人の男。1つの殺人事件を通して25年振りに再会した彼らの運命を描くというサスペンス・ドラマ。キャッチコピーは「もうひとつのスタンド・バイ・ミーをみるために、あなたは大人になった」。

サスペンス・ドラマですが、25年後の三人がどう変化していたかという視点で描かれたドラマになっていて、深い感動を味わうことができます。

監督・音楽:クリント・イーストウッド、脚本:ブライアン・ヘルゲランド、撮影:トム・スターン、編集:ジョエル・コックス

出演者 ショーン・ペンティム・ロビンスケビン・ベーコンマーシャ・ゲイ・ハーデンローラ・リニーローレンス・フィッシュバーン。 

あらすじ(ねたばれ):

11歳のころの出来事。ジミー、ショーン、デイブの仲良しの三人。いつも野球だが今日はジミーの言い出しでホッケー遊び。キーパーのデイブにジミーとショーンが玉を打ち込んでいたが、デイブが力一杯打ち返してボールが排水溝に入ってしまった。これまたジミーを言い出しでホッケーを止めて、車を借りて(盗んで)ドライブしようと駐車場に急ぐが、工事が終わったばかりのコンクリート道に出会い、このコンクリートに落書きをしようと各自の名前を書き始めた。シミー、次いでショーン、最後にデイブの番だったが、DIまで書いたところで、悪戯するなと警察のバッチを着けた男に止められ名前と住所を聞かれた。家族に連絡するから乗れ!と言われ、デイブが乗ったところで車が発進した。デイブはこの男ともうひとりの男に性的暴行を受け4日後に寝下出した。

この事件が彼らのその後に生き方に、そして25後の事件にどう関わってくるかと詳しく書きました。

25年後、

デイブティム・ロビンス)は妻セレステマーシャ・ゲイ・ハーデン)と結婚し長男マイケルが生まれ、この子と野球するのが楽しみだが、レイプのPTDSで浮かぬ表情。仕事は妻の親父さんの不動産業で生活していた。

f:id:matusima745:20210404125226p:plain

ジミーショーン・ペン)はやはりそうかというように悪の世界に走ったが、ある事件で足を洗って今は雑貨店「コテージ・マーケット」を経営。先妻マリータとの間で出来た娘キティーと再婚の妻アナベス、その間にできたふたりの娘と生活をしていた。

ショーンケヴィン・ベーコン)はデイブが誘拐されたことに触発されたのか刑事となり相当な腕利き刑事になっていたが、妊娠した妻ローレンスが突然姿を消したことを気にしていた。相棒の刑事パワード(ローレンス・フィッシュバーン)から「クリントンのように浮気をしろ!」と冷やかされていた。イーストウッド共和党支持者?(笑)

事件当日、

ジミーの娘ケイティが、朝、「イブとダイアンに会ってくる」とジミーにキスして「god bye!」とうれしそうに出て行った。ジミーは「明日はふたりの妹の初聖体祭だから帰ってくるように」と言い含めて送り出した。

ケイティが車に乗ると、後部座席にブレンダンが乗っていた。このときのカメラは車の中からケイティを捕えていたから(通常こんな撮り方はしない)、ブレンダンは待ちきれないで待っていたという感じだった。ケイティは「お父さんに見つかったら殺されるよ!明日約束どうり会う!」と言って別れた。

その夜、デイブがバーで飲んでいると、3人の娘が入って来て、カウンターの上に乗って歌い出す。仲間の「ジミーの娘だ!」に「よく知っている」と頷いた。

午前3時、まだ夜が明けないころデイブが血を浴び、手と腹に傷を負って帰ってきた。「暴漢にナイフで襲われ格闘して受傷した。ナイフを取り上げ強く刺したので相手は死んでいるかもしれない。警察には届けるな!」という。妻はこの言葉を信じ、彼を慰め必死に治療した。

翌日、警察へ「車に血痕、ペン公園横の道路に車両」と電話があり「名前は?」と聞くと「女性・・・」で切れた。この事件をショーンとパワードが担当することになり現場に跳んだ。

後に判明するのですが、ショーンは腕利きであるにも関わらず、この電話の意味をしっかり解読できていなかった。おそらく妻との関係が響いている。彼にとっての大きな転機となる事件かも知れない。

ジミーは朝までに帰って来なかったケイティを訝りながら、ふたり娘の聖体祭を終えて、通行止めで騒がしい事故現場に娘の車を発見。ケイティが刺され銃殺されたことをショーンから聞かされた。

ジミーの嘆きは異常だった。ショーン・ペンアカデミー賞ものの嘆き演技でした!「25年前の事件がなかったら絶対に一緒になれなかった妻との間に出来た子だ!出ていくときの目が忘れられない」と泣き崩れた。色々聞きたがるパワードに「16年前強盗で2年喰らい、産まれたときは刑務所にいて、出所してすぐに妻を亡くした。これが犯人逮捕に繋がるのか!」と怒りを見せた。(ジミーは妻マリータの死を契機に悪業から足を洗った。だからケイティは大切な妻の忘れ形見だった)。ショーンはパワードの質問を遮ったが、パワーズはふたりが幼なじみということで慎重な態度を取っていた。

f:id:matusima745:20210404125314p:plain

ジミーは「警察より先に犯人を見つけて殺す!」と誓った。

ショーンはケイティが一緒にいたというイブに会い、ケイティの車にメキシコ市地図が残されていたことから一緒に行く相手は誰かと聞き出し、ブレンダンと知った。

ブレンダンの家族を訪ねた。ブレンダンはケイティの死に「やってない!結婚するつもりだった。もう二度と会えない」と泣き崩れた。ブレンダンをウソ発見器にかけたが、証言に嘘はなかった。弟レイは何も喋らず手話で会話している。母親は事件には無関心だった。刑事が帰ったあと、弟レイは「母親が忘れろ!と言っている」と兄に伝えた。

ジミーは毎日を放心したようにベランダで過ごす。これをデイブが「あの時以来だな!」と尋ね慰めた。そして、ジミーの妻アナベスはデイブの妻セレステと姉妹関係であり、セレステもよくシミー邸を訪ね泊まって、アネベルやジミーを労わっていた。

ショーンたち刑事。息子をスクールまで送るデイブを掴まえて「ケイティが踊っていたバーで飲んでいたか!」と確認し「いつ店を出て、何時家に着いたか?」と聞く。デイブが「午後11ごろ出て、15分ぐらいで家に帰った」と答えた。しかし、パワーズがデイブの包帯に気付き質問。デイブは「ゴミ処理機で誤ってつけた傷だ」と答えたが、パワーはこの回答に疑いを持った。しかし、これ以上の質問をショーンを止めた。

f:id:matusima745:20210404125353p:plain

ショーンとパワードはジミーを家に尋ねるとデイブの妻セレステがいた。事件当日デイブが帰宅時間を確認すると、「寝ていた!」と言う。

ジミーにブレンダは犯人でないと明かして、何故嫌うのかを聞いた。「父親はレイといい、むかつくやつだった。口の利けないガキを妊娠中の女房を捨てて逃げた。そんな家の者に討ちの娘とは付会わせん!」と。

拳銃の鑑定結果が知らされ、拳銃は38口径で82‘年ニューハンプシャーで盗まれたものだった。事件記録からこの銃でバーに強盗に入った男のものであることが判明。バーの主人の証言で「レイ・ハりス」のものだった。

デイブは妻セレステに幼いころの誘拐事件に遭った話をして「誰も助けに来なかった。ショーンは友達ではない。俺はあの時穴倉で死んだ。吸吸血鬼と同じだ。それが身体に入ると出て行かない!」と血走った眼つきで告白した。セレステは恐怖を感じ、今なお犯人が見つからないのは夫デイブが犯人ではないのか?と疑いを持ち、悩み、息子マイケルと一緒にデイブとの距離を置くようになっていった。

デイブの車が盗難に遭って川原に放置され、パワードが調べると車のトランクにデイブとは異なる血痕があると再びデイブを招致して尋問した。デイブの「車は盗難に遭ったんだぞ。盗んだやつに聞け!」という言い分に、パワードが引いた。ショーンは別室で話を聞いていた。これを知ったデイブはショーンをなじった。

ジミーは犯人捜しを依頼していたサベッジ兄弟から「デイブが警察に引っ張られて聞かれている。やつがケイティをやったのは間違いない」と告げられた。セレステが「夫が犯人だ!」と泣きながらジミーに告げた。ジミーは泣くセレステをしっかり抱きしめた。(セレステはもはや耐える限界だった。ジミーを信用して夫を託し、息子マイケルを助けたかった)。

f:id:matusima745:20210404125423p:plain

ショーンとパワーズはブレンダンがケイティ殺害に絡んでいると、昔レイ・ハリスの事件を扱った刑事のところに話を聞きにいった。「レイ・ハリスは大泥棒だ。6万ドル盗んで捕まったがシミーを売って逃げた。ジミーは“決して真犯人の名を口にせず”、検察は困って彼を懲役2年の罪にした。ジミーが出所して2か月後レイは姿を消した」という。

ショーンとパワードはブレンダンを呼び尋問した。「6歳の時に別れた父親のことを知っているか?拳銃を持っているか?」を問うと、「拳銃は持っていない。父親は生きていると思う。ブルックリンから毎月500ドル送金してくれているから」と答えた。ブレンダンは「僕を逮捕するのか?」と聞き、帰っていった。

パワードは「レイが送金した総金額は9万ドルになる。レイは生きているのかあるいは誰かが送金しているのか?」と言う。ジョーンはケイティの事件を知らせてきた電話テープを聞き直した。「女性?・・・」とは通報者のことか殺されたケイティのことか?通報者は何者か?と考えた。(拳銃を手にでき、ケイティを知っている子供の声だと断定した)

ブレンダンは刑事がひつこく聞くから、父が天井裏に隠した拳銃を調べると、ケースのみで拳銃が亡くなっていた。ここにあることを知っているのは弟のレイだけだ。(彼はレイが何をしでかしたかを知った!)

ジミーはサベッジ兄弟を使ってデイブを呼び出し、酒を飲ませて酔わせ、そこにジミーが現れ、「レイはよく面倒を見てくれたが俺をチクった。だから殺した。俺はいいやつか?ケイティを殺したと大声で叫べば警察送りで許す!」と激しく責めたが、「やってない。殺したのは車で子供を犯したやつだ!トランクの中に入れた」の一点張りだった。しかし、ジミーの激しい責めに堪え切れず「やった!」と言った。ジミーが「何故やった?」と問うと「青春の夢だ!お前が車に乗っていたら」と答えた。デイブはジミーに命を委ねた!ジミーは、(デイブの復讐だと判断)、ケイティが殺された同じやり方で、デイブを刺し拳銃で撃った。

同じころショーンとパワードがブレンダンの家を訪ねた。ブレンダンがレイの友人ジョンに拳銃で脅されていた。ショーンが「拳銃を離せ!犯人は逮捕してやる」と飛び込んで拳銃を取り上げた。(ブレンダンがケイティと一緒になると、自分を可愛がってくれた兄がいなくなると、レイがジョンと組んで、ケイティを脅そうとして、謝って発砲したものだった)

25年前に落書きしたコンクリートに座っているジミーのところに、ショーンが「ケイティ殺しの犯人を逮捕した。レイの息子とその友人のジョンだ、自白した!」「セレステからデイブが消えたと電話があった。バーの裏から死体が見つかった。子供性愛者だ」と伝えた。

ジミーはちょっと意外だという顔を見せて{遅かったが、ありがとう!}と礼を言ってウイスキーをラッパ飲みする。ショーンは「セレステにも毎月金を贈るか?」と声を掛けた。(ショーンは事件の全てを掌握していた)「あの時みんなで車に乗っていたらと夢みるよ!」とジミーが言うと「俺たちは11歳の少年で穴倉の中で逃げたらどうなるかと思っていた!」とショーンが応えた。

f:id:matusima745:20210404125457p:plain

ショーンが「デイブといつ会った?」と聞くと、あの日デイブが連れ去られた方に歩きながら「25年前のあの日だ!」と答え、ウイスキーをガブ飲みながら去っていった。(ジミーを失ったことを悲しんでいた!)

町の祭りパレードの日。ジミーは妻アナベスにデイブを殺したことを告げ悔やんだ。アナベスは「どんなことがあってもあなたたちを守ってくれるお父さんだと教えている」と娘たちを守る父親であって欲しいと伝えた。「セレステからデイブを心配して電話があった。自分の主人を疑って人に言うなんて!パパは王様。王様はどんなに難しかってもする。それが大切だ」と言い添えた。

f:id:matusima745:20210404125531p:plain

パレード見物にジミー一家が現れ、ジミーは満面の笑顔だった。この顔をセレステが見て、パレード車上のマイケルに声援を送っていた。ショーンは妻ローレンと生まれたばかりの子供と笑顔でパレードを見ていた。ジミーを見て、指で拳銃を向けるサインを送った。ジミーがおどけた表情でサインを返してきた。

感想:

観終わった当座。作品の迫力と、登場人物全員の運命の行く末に感動して、感想が書けなかった。

幼いころの事件から25年後、ジミーの娘が何者かに刺殺された事件の発生。事件当夜酒場で飲んで、血まみれで帰ってきたデイブ。当初主役はかって受けた性暴力に苦しむデイブとこれを追うショーン刑事のクライムサスペンスかと思っていたら、ストーリーが進むにつれて主役に踊りでたジミーの闇の深さ。もうクライムサスペンスであることを忘れて彼のキャラクターに引き込まれました。これをトム・スターンのカメラが薄暗い闇の中で追い廻す。ジミーがデイブを刺す現場とショーン刑事がブレイダンの部屋に飛び込むシーンがダブって描かれるシーン。事件の結末が劇的な暗と明で描かれ興奮を抑えきれなかった。見事な作品でした。

結果が分かって善悪をつけるなら誰でもできる。しかし分からないとき人がどう生きるか?を問うた作品だと思いました。時計の針は逆に回らない!

ラストのパレードで見せる家族の表情で描く運命。事件を忘れたように晴れやかな表情のジミー一家。戻ってきた妻アナベスと幼い子を守りながら生きて行こうとする刑事ショーン。ジミーを見つけて送ったショーン刑事の指サインにおどけて腕を拡げて送り返したサイン。「自首する!」か「もう放っといてくれ!」か? ジミーを見つけて寂しそうな表情で息子マイケルに駆け寄り声援するセレステ

ジミーは昔から親分肌で、気短で悪童だったが情に熱い、自分の言い分を通す男だった。あの出来事を忘れる男でないし、デイブを助けなかったことを悔いていた。しかし、彼にはそれを超える娘ケイディと元妻マリータへの溢れるばかりの愛があった。デイブが犯人でなければ殺さなかった。やってしまってどう生きるか?これからの生き方は妻のアナベスの言葉がしっかりフォローしていて、このままでデイブに謝罪する日々を過ごすか、監獄の中で謝罪するか、自分で結論を出すでしょう。監獄の中での謝罪することがどれほどの意味があるのかと思うのですが、・・・。

ショーンはあの出来事で、デイブへの謝罪の気持で刑事という仕事を選び懸命に努力してきた。働き過ぎが妻との意思疎通を欠き、大切なものを失う悲しみを知った。デイブとジミーが犯罪者であろうがなかろうが彼らを守ろうとしてきた。真犯人を挙げるのが遅すぎたと“あのミス”を後悔しているでしょう。人の生き方をわきまえた、いい刑事になっていくでしょう。

セレステあの状態ではデイブに殺されるかもしれないと思ったでしょう。悩んで、悩んでデイブの運命をジミーに委ねた。しかし、デイブが居なくなるとショーンを頼った。愛があったんです!バカなことをしたんです!しかし彼女にはこうするしかなかった。これからはやったことを後悔しながら自分のしたことの罪を償うようにしっかりマイケルを育てるでしょう。

デイブは静かで愚直なほどに人を信じる男だった。最後までそうだったが最後に「替わって欲しかったという夢!」。彼は“人の言うなりになる”という弱い人だった。これでは彼のPTDSは治癒しない。悲しいが、これが運命だった。

滔々と流れるミスティック・リバー。汚い水もきれいな水も一緒に流れていて、いろいろなやつらがそれぞれの正義で一生懸命に生きている人間世界そのもの。その世界で「自分らしい正義で生きてみろ!」と訴えているような、監督がこれまでに描いた人生を集大成した作品だと感じました。

幼いころの忘れられない傷を背負って、25年後に再び事件で出会うとこになった彼らは、いずれも昔の傷を忘れていなかった。傷は癒されるかと思ったが再びデイブが隠れるという“同じ運命”を辿ってしまった。人間ってひどい悲しい運命を背負っていると思いました。しかしこれを生き抜くには、「自分の人生、自分できめろ!」です。

                                  *****