映画って人生!

宮﨑あおいさんを応援します

「ベイビー・ブローカー」(2022)

監督はそして父になる」「万引き家族」「真実」」の是枝裕和さん。今やその動向が注目される中で公開されるのが、韓国の著名スタッフ・キャストと組んだ本作。子を“赤ちゃんポスト”に捨てた母とその子を盗んで養子先を斡旋する悪徳ブローカー、そのブローカーを追う刑事が織りなす物語何がテーマなのかと楽しみにしていました。

監督・脚本・編集是枝裕和撮影:ホン・ギョンビョ、美術:イ・モグォン、衣装:チェ・セヨン、音楽:チョン・ジェイル。

出演者:ソン・ガンホ、カン・ドンヴォン、ぺ・ドゥナ、イ・ジウン、イ・ジュヨン、他。

第75回カンヌ国際映画祭ソン・ガンホが主演男優賞を受賞したという話題作です。


www.youtube.com

あらすじ(ねたばれ:注意):

古びたクリーニング店を営みながらも借金に追われるサンヒョン(ソン・ガンホ)は“赤ちゃんポスト”がある施設で働く児童養護施出身のドンス(カン・ドンヴォン)と組んで「ベイビー・ブローカー」という裏稼業をやっていた。ある土砂降りの雨に晩、若い女ソヨン(イ・ジウン)が、気が動転していたか、赤ちゃんポストの前に置いて走り去った。

これを監視していた刑事のスジンぺ・ドゥナ)が赤ちゃんを拾い上げポストに入れて反応を待っていた。この日はドンスを除いて施設職員は誰もいない。サンヒョンとドンスは監視カメラ映像を消し、赤ちゃんをおんぼろワゴンでサンヒョンの店に運んだ。スジンとその相棒・イ刑事(イ・ジュヨン)がワゴンを追ってクリーニング店に着き、サンヒョンらを現行犯で捕まえると見張っていた。スジンは「ソヨンは無責任な母親だ」と思っていた。朝方、スジンの旦那が食べ物を差し入れた。

翌日、母親ソヨン(イ・ジウン)が思い直して亜太ちゃんを迎えに施設にやってきた。施設で保護されている赤ちゃんを見たが、見つからなかった。警察に届けられるのを恐れたドンスがソヨンをサンヒョンの店に連れてきて、「善意だ!最高の養子先を探す!謝礼が出る」と誘った。ソヨンは「ただのブローカー。善意ではない!」と反対したが、ついていくことにした。赤ちゃんの名はウソン。

店にふたりのヤクザ男が血のりがついたシャツを洗ってくれと持ってきた。ドンスが「何もの?」と聞くと「クレーマーだ」とサンヒョン。説明なくこういうエピソードが挟まれ、次第に明かされていく展開がミスレリアス!

おんぼろワゴンで養子探しが始まった。第1の候補はヨンドクのイム夫妻。「眉が薄い」「分割払いで」「レイプでできた子」と言われ、ソヨンが激怒して交渉にならなかった。釜山に帰ろうとしたが、ドンスの提案でドンスが育った児童養育施設を訪ねることにした。

ドンスは「妻だ」とソヨンを紹介し、1泊することにした。ドンスはこの施設では人気者だった。ウソンを見にくる園児たち。その中に「サッカー選手になる」という男の子・ヘジンがいた。

ソヨンがドンスに「施設に残ったら」と言ったことでドンスが傷ついた。ドンスには「施設にいたのは母親が迎えに来なかったから」と母への恨みがあった。「ソヨンも子供を捨て、手紙にい迎えに来ると書き残していたが、母と同じだ」と蔑むとソヨンが「母親ばかり責めないで、男も責めて!」とやり返した。

スジン刑事はワゴン車の中で歌いながらおむつを取り替えるソヨンを見た。

ドンスは夜、海辺で、サンヒョンと缶蹴りゲームをしながら、自分の気持ちをサンヒョンにぶち当てていた。

ドンスが部屋に戻るとソヨンがウソンを抱いて寝ていた。朝、ドンスがウソンを抱いて外を眺めている姿をソヨンが見て、「言い過ぎた」と侘び、「自分の人生は土砂降り人生だ」と告白すると、ドンスが「傘があればいい、大きな傘、二人入れる傘」と応じた。ここからドンスとソヨンの関係は大きく変わっていった。

刑事が女性を訪ね「殺されたホテルだ。この女、ここにいるか?」と監視カメラの映像を見せた。この情報にスジンが「子供が邪魔でソヨンは逃げた!」と思っていた。

サンヒョンは「2倍の値だぞ」と次の養子親と会うことに施設を出た。後部座席に違和感があり調べるとヘジンが乗っていた。「ウソンを売るんだろう」というから連れていくことにした。途中でパトカーに捕まったが、ヘジンの機転で逃れられた。

リゾートホテルで養子親に会った。ここで5人家族の写真を撮ったが、実はスジンも写真を取っていた!この養子親はスジンが「もう待ちきれない!」と準備した偽養子親だった。あまりにも不妊手術に詳しいことに気付いたサンヒョンが偽ものと見抜いた。

ホテルを出て、和銀車の洗車中にヘジンがウインドウを開けたため、みんながびしょ濡れになり大笑いした。これで5人が家族になったみたいだった。モーテルに泊まることにした。

スジン刑事が次の手を打った。ソヨンを呼び出しブローカーの情報を渡すことでソヨンの罪を軽くすると取引し、ソヨンに盗聴器を渡した。

ソヨンがモーテルに帰ると、サンヒョンが「ソウルに2000万ウォンの養子夫婦が現れた」と言い、翌朝までのヘジンの2時間交代の介護計画を明かした。これにはヘジンも加わった。もう大家族になっていた。

スジン刑事はこの状態(家族)を盗聴していた。

 夜半、ヘジンの様子がおかしい。病院にヘジンを運びこんだ。このときサンヒョンがソヨンとドンスに「お前らは夫婦!ヘジンの親だ!」として受診した。心配したがちょっとした発熱だった。退院時、ドンスがウソンを抱いていた。ソヨンとドンスは夫婦として医師と対応していた。

スジン刑事はヘジンの病気を知り「現行逮捕が難しい!」という。イ刑事が「子供には母が必要。なんであなたはソヨンに厳しいの」と反論した。スンジは「彼女は無責任!自分で産んで捨てた!この気持ちは私には分からない!」と答えた。

葬儀場の屋上。「あの女が子供を連れて逃げている」と配下に指示した。この映像が何を示すか?分からない!これがドラマに緊張感を与える。

サンヒョンが洗濯しているところに「金がいる、4000万ウォン!」と電話が入ってきた。

モーテルの中。ソヨンがウソンにミルクを与えているところで、ヘジンがソヨンにもたれて寝ていた。これを見たドンスが「こいつは売れ残った子だ。でも、こうやって子供は育つ。しかし、ソヨンは膝にウソンを乗せない!別れられなくからだ!」と話した。ソヨンはコンビニに行くと出ていく。ドンスは「傘を持っていけ!」と注意した。ソヨンが「持ってきて!」と言ったが、ドンスは「知らん!」と不愛想な返事をした!

ここでの会話シーンはふたりの想いがよくでた描写でした

ソヨンはスジン刑事を訪ね、ヤクザ親分殺人の顛末を話したスジンが「なぜ堕ろさなかった?」と聞いた。ソヨンが「産むのと堕すのとどちらに罪深い!」と問うてきた。スジンとソヨンが激しく言い合った。

ソヨンは「ウンチだよ、この声聞いて!」とスジンたちの車に携帯電話で声を送った。「そんなことはない!」と言あいながらスジンが泣いた!!

 風呂あがりのソヨン。サンヒョンがボタンをつけて衣類を渡した。ソヨンは刑事と取引したこと、「殺人犯だ」と告げた。サンヒョンがワゴンを調べ盗聴器を発見した。しかし、「今回は金ではない、買い手がつくまで探す」とサンヒョンはソヨンを責めなかった。

男がウソンを取りに来たが、サンヒョンがこの男を殺し、処分した。

サンヒョンたちは列車でカンヌンからソウルに向かった。スンジたちは高速道で追った。

車中でソヨンは「もっと早く会っていたらウソンを捨てなかった」とサンヒョンに語り、ウソンの名は“未来の星”という意味だとヘジンに教えた。

ホテルの一室で第3の養子親に会った。赤ちゃんを亡くしたばかりで妻が「おっぱいを飲ませたい!」とう。養子親が「気にいった!将来実子として育てたい。これを最期にして欲しい!」と提案してきた。

サンヒョンたちはこれが最期とウソンを連れてウォルミドを観光旅行した。観覧車でドンスはウソンを抱いて、ヘジンも加えて一緒になりたいとソヨンにプロポーズした。「そうなれたらいいね!無理、すぐ逮捕される。」と「ウソンを捨てたのは人殺しの子にはしたくなかったから」とソヨンが返事した。

ヘジンはサンヒョンと一緒に観覧車に乗り、酔って吐き大変だった!(笑)

サンヒョンは分れた娘にあった。「もう来ないで!でもパパはパパ」と言われた。プレゼントも渡すことが出来なかった。

夜のホテル。サンヒョンが「最期だからウソンに声を掛けてやれ!」とソヨンに提案した。「どう言うの?」と聞くので「生まれてきてありがとうだ!」と言った。ヘジンが「皆に言って!」とせがむ。ソヨンはみんなにひとりづつ「生まれてきてありがとう」と感謝をした。

ここは泣けますね!

ソヨンは外出して「あの奥さんは怯えている、本当の親になれない!」とスジン刑事に訴えた。「ソヨンがいない」と心配するドンスに「ソヨンのために何でもしてやれ!親になったら分かる」と言い聞かせた。

朝、サンヒョンは「ここで自首しよう!ウソンを売りに行かなくてよい!またウソンと暮らせる」と提案した。

そしてやってきた養子親に「4000ウォンで決着だ!ドンスとは一切関係ないことだ。あいつは俺を必要としなかった」と話しているところに警官が飛び込み、ドンスは人身売買で逮捕され、ドンスは抱えていたウソンをスジン刑事に渡した。

3年後、ウソンはスジン夫婦の元で育てられていた。ソヨンは出所しガソリンスタンドで働いていた。ウソンの未来について話すために集まることになった。

 ソヨンは化粧して話し合いの場に急いだ。ワゴン車の運転席に掲げられた家族写真を見ながら急ぐ・・・?

感想

ストーリーは簡潔そうで、複雑だった。ソヨンの殺人事件を伏せて、前段をサスペンスフルでユーモラスに描き観る人を惹きつけ、後段で物語のテーマ、「この赤ちゃんに何をしてやれば幸せか?」が描かれるという、是枝監督らしい作品でした。

家族と言えば疑似家族だという程に持て囃されるが、母親の責任、母性をしっかり描いてくれたことにこれまでの作品にない感動を覚えました!

全員が傷を持っているが、その傷を引きずるにではなく、いい方向に持っていき、より強い絆に繋がっていく過程の描き方がよかった。作品がメルヘン調で設定の甘さはあるが、テーマがしっかりしていて、母の純粋な愛に酔うことができました。

是枝監督が何故韓国でこの作品を取ったか?ソヨンの生き方に樹木希林さんが浮かんできました。監督には希林さんへの想いが残っているなと思いました。

韓国トップの歌姫:イ・ジウンがどんどん強くなって、美しくなってくる演技はすばらしかった!

ソン・ガンホソヨンの服にボタンを縫い付けるシーン、希林さんそっくりでした!ソヨンもドンスの苦悩が分かる、大きな愛で物語を引っ張りましたね!ラストが恰好いい!

ぺ・ドゥナ、セリフはほとんどない。当初びっくりするぐらいに暗い顔で出てきましたが、この表情が変ってきて、海辺でウソンと遊ぶシーンはすばらしい。車の中でカップ麺を食べるシーンは「ほえる犬は噛まない」(2000)で出てくるシーン、すごい女優さんになりましたね!

カン・ドンヴォン、ソヨンを見て、自分の母の気持ちを理解していき、ソヨンが好きになるという役、この作品のなかで一番好きな役にしてくれました。

落としてはいけないのがヘジン役の男の子。この子で雰囲気が一変しました!

母親のイメージが傘とボタン。母親を思い出しました!

これまでの作品に比べてもの足りないという意見もありますが、是枝作品としての品格を持ち、楽しめ、これでよしです。

              ****