映画って人生!

宮﨑あおいさんを応援します

「アラジン」(2019)

イメージ 4
どんな話だったかなと、吹替版でみました。ストーリー、映像、音楽いずれもとてもよかった。でもストーリーが一番じゃないかな、映像も凄い。音楽の良さを確認にもう一度観る予定です。この際、オープニングの映像を、監督の想いが詰まっているように思え、しっかり確認せねばと思っています。( ^)o(^ )
 
アラビアン・ナイト」の物語をベースに、不思議なランプを手に入れた若者・アラジンが愛する王女・ジャスミンを守るため繰り広げる冒険を描いたディズニー・アニメの名作(1992)のリメイク実写映画。監督は「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー
 
アニメは未観です。どの程度忠実にリメイクされているのか分かりませんが、アラジン、ジャスミンそしてランプの魔人・ジーニーの生き方がとても現代風で感動的でした。
三人の生き方は、
アラジンは魔法の力で王女と親しくなるが、最後のお願いとして魔人・ジーニーが人間として自由に生きることを希望し、魔法で嘘をついてまで王女と一緒に生きることを諦め自分らしく生きる。
一方、ジャスミンは自分の力を信じ、国王になり、法を改めアラジンを迎えたいと思う。
そして、ジーニーは、長い従者としての性格をやめ、嫁を娶り自由に世界を旅をする生活を選んだ。
 
アラジンは嘘のない自分のための人生と、かけがえのないジーニーとの友情を大切にする生き方を。そしてジャスミンは、女性だからと禁じられている王になることを諦めない、自らの力で自分の人生を選ぶという生き方。その結末は、それぞれの相手を想う気持ちが繋がりハッピーエンドでした。
この物語、“わが国には大いに関係がありそう”ですね。( ^)o(^ )
家族連れ、子供さんが多いなかでの上映でしたが、うまく伝わったのではないでしょうか。
イメージ 1
夢の世界に連れていってくれる映像が凄い。冒頭の街を見たいとひとりで訪れたジャスミンが万引したと疑われアラジンが逃げれば問題ないとふたりで美しいアラブの街中を逃回るシーンから、魔法のランプを手にいれるため入った洞窟でもう少しで手に入るときに襲ってくる溶岩流、アラジンの歓迎時のド派手な歌や踊り、ジャスミンと一緒にじゅうたんで飛ぶシーンなど、CGVFXによるスケール感のある映像描写はすばらしい。
イメージ 2 
なかでも魔人・ジーニーのCG描写がすごい。煙を巻きながら現れる青色の魔人、演じるのはウイル・スミス。オファーをしたが返事が遅れたようですが、この全CGの魔人になることには・・。() とてもコミカルな演技やダンスで楽しませてくれます。この物語は、ジーニーが主人公かと思いました(クレジット)
イメージ 3 
そして、美しさと凛とした知性で迫ってくるジャスミン役、ナオミ・スコット。圧巻の演技は後半、唯一のヴィラン国務大臣ジャファー(マーワン・ケンザリ)に国を乗っ取られたときに見せる凛とした態度、そして力強い歌(木下春香)には感動させられます。これまた、主人公かと思いました。( ^)o(^ )
 
アラジン役のメナ・マスード。地味でしたね。でも誠実さがしっかりでていました。
 
テーマ性、ストーリー性。そして、映像美。3つの願いを巡るアラジン、ジャスミン、ジャファーのかけ引きの面白さ。自分のために生きるというテーマ性を浮き彫りにしての実写化、よかったのではないでしょうか。
****