映画って人生!

宮﨑あおいさんを応援します

アニメ

「SING/シング」 (2016) 字幕版

WOWOWシネマで、作品情報を持たずに鑑賞。イルミネーション・スタジオによる3Dアニメを観るのは初めて。歌うキャラクターのパフォーマンスに圧倒されました! 動物たちのキャラクターはしっかりしており、ひとつひとつのシーンはいろいろ仕掛けありリアル感…

「未来のミライ」(2018)

細田監督作品、楽しみにしていました。前作「バケモノの子」(2016)公開時、監督に長男が生まれ、次作は子供が主役の作品と明かされ、どのようなものになるのかなと期待していました。 神奈川・ 横浜の磯子区界隈を舞台とし、生まれたばかりの妹の存在に戸…

「リメンバー・ミー」(2017)

日本のお盆に当たるメキシコの伝統的な祭礼行事“死者の日”をモチーフに作られたおはなし、 「音楽を禁じられた少年が、憧れのミュージシャンである先祖に会いたいと死者の国へ。 そこには、日の出までに元の世界に戻らなければ、永遠に家族に会えなくなって…

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」(2016)

本作で主要役クワガタ(声優)を演じるピエール瀧さんが舞台挨拶で空席があることに「ここまで熱量をかけて作ったものをスルーしていいのかなっていう感じ。見てもらいたい、というより見る義務があると思いますよ」とは話したというニュース。これが、本作…

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」(2017)

岩井俊二さんにより劇場公開された同名ドラマ(1993)が原作、大根仁さんによる脚本、新房昭之さんが総監督、プロデユースは「君の名は。」の川村元気さんでアニメ映画化。“おもしろくないわけがない”と期待しておりました。 ところが、びっくり、思いもしな…

「メアリと魔法の花」(2017)

本作、「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後初めて手がけた作品です。原作は英国の女性作家メアリー・スチュアートの同名児童文学作品です。 この作品で監督はどう変化したのか、そしてめざましい活躍をみ…

「ひるね姫~知らないワタシの物語~」(2017)

本作は、アメリカの国際的監視プログラムを暴露したスノーデン夫妻(2016映画化)の趣味である「攻殻機動隊」の神山健治監督オリジナルアニメ映画であること、そして舞台が故郷倉敷市でとても楽しみにしておりました。神山監督作品を観るのはこの作品が初め…

「この世界の片隅で」(2016)

「今年一番の作品!」とまで絶賛される作品、観て参りました。評判どおりの作品だと思います。一度だけでは味わいきれない味のある作品で、そのうち又劇場に。(#^.^#) 本作は戦時中の広島県呉市に18歳で嫁いだ女性が戦禍の激しくなる中で懸命に生きる姿を描…

「君の名は。」(2016)

昔のドラマ「君の名は」のリメイクかと思っていて(笑)、観るのが遅くなりました。本作、東京に住む男子高校生と飛騨地方の田舎町に住む女子高生が、時を超えて入れ替わって出会い、彗星の落下災害に遭遇し被害軽減に奔走するなかでお互いの名を忘れ、何度か…

「バケモノの子」(2015)

人間界の少年・蓮(幼少期あおいさん、青年期染谷将太さん)がバケモノ界の男熊のようなバケモノ・熊徹(役所広司さん)に育てられ成長していくファンタジーな物語。 少年が成長していく過程が武道の修業段階「守・破・離」に沿って描かれるなかで、親と子の…